エステサロン 体感

エステサロンでの体感

エステサロンが大人気

巷ではエステが大人気のようです。とはいってもそれは今に始まったことではありません。

昔からエステは特に女性にとっては憧れの存在でありつづけました。昔といっても何十年も前の話ではありません。この20年くらいでしょうか。エステが始まった頃はその料金の高さからお金持ち御用達のような側面がみられました。最初がそのような状態だったのが災いしたのか今でもエステは高いというようなイメージがもたれています。料金を見て高いと思うか安いと思うのかはどうしても主観が入ってしまいます。興味のない人が見ればどうしてエステにそれだけお金が使えるのかと思うでしょう。その人から見るとエステの料金はとても高いものに思えるのです。いっぽうでエステサロンに通い続けている人は安いに越したことはないのですが、現在の料金を受け入れているといってもいいでしょう。それはあまりにも高いというイメージではありません。また、エステを必要としている人にとってはエステの料金はとてもリーズナブルなものに映るのではないでしょうか。ですから高い安いということは人によってその価値観がずいぶん違うものです。高いと思う人はいつまで経っても高いと思うでしょうし、エステの料金を許容している人はエステに通うために仕事をしているのかもしれません。人がエステに通うのは、または気になっているのは見た目の美しさに惹かれるからでしょう。そしてエステに通い始めると外見的な面だけではなく、内面的にも磨かれることになるのです。エステを受けると多くの人が言葉に表せることができないほどの満足感を感じるとのことです。

そこにはやはり癒やしの空間があるのでしょうか。いずれにしてもエステには例えようのない魅力が潜んでいるのは間違いないようです。もちろんそこには人に少しでもよく見られたいという願望があるのも間違いありませ。エステは様々な願望を叶えてくれるまさに打ち出の小槌のようなものかもしれないですね。

ジェイエステティック 魅力
 

エステサロンの起源

エステは昔も今も女性にとってはある意味憧れであり、飽くなき美を追究する施設として今ではなくてはならないものとなっているのです。それは男性にも女性と同じくいえることであるのは間違いありません。

それでも女性の方が男性に比べても昔から佇まいであるとか、作法であるとかは煩くしつけを受けてきた経緯がありますから、人からよく見られようとする意識は高く、それがエステへの憧れとなって現在に受け継がれているのかもしれません。そのようなことからも、エステというものが昔はどのようなものだったのかはとても興味があるのではないでしょうか。特権階級に限っていえば、昔から様々な時の権力者が不老不死や美への追究を行ってきました。クレオパトラしかり西太后しかりということですね。中世や近代に至っても特権階級くらいでしかそのような傾向は無かったようです。誰でも身の佇まいを直すところとしては1800年代のイギリスで始まったということです。それは日本でも美容院などがきっかけとなったかもしれません。いずれにしても日本では戦後ということになり、それはやはり美容院ということになるでしょうか。全身をくまなくマッサージするようなエステサロンは1970年代ということです。

つい最近のように思えますが、1970年代といっても今から40年前になるのですから、時の流れは早いものです。日本でのエステの歴史はそのくらいですが、そして2000年を超えてから本格的に普及してきたということですね。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ